KAT-TUNとハロプロを愛する2年目えんじにあ

KAT-TUNとハロプロが大好きな新卒2年目のえんじにあのブログです。大好きなものと日々について語ります。

JavaGold SE8 不合格記

合格記ではありません、不合格記です。笑

私が1年目の時に使用していた言語は、Swift,PHP,JavaScript,HTML,CSSで、 大学時代も、ちょっと触っていたのがC,C+でJavaに触れたことはほぼ?(半年授業内でのみ)なかったんです。

入社して1年目の最初の研修の言語がJavaで、謎のSilverとっちゃおーぜみたいな流れがありました。 そこで、謎の流れに流されて?Silverはとっちゃいました。

ちなみに使用していた参考書はこれのみ!

徹底攻略 Java SE 8 Silver 問題集[1Z0-808]対応

徹底攻略 Java SE 8 Silver 問題集[1Z0-808]対応

ひたすら問題を解きまくって85%で合格。同じ問題もいくつか出てきて、参考書をもとに勉強すれば大丈夫だなという感じでした!

これがが2016年8月のこと。

特に業務でJavaを使用することもなかったのですが、再び思い立ち、2017年1月にGoldの受験に挑みました。

oracleで再受験無料キャンペーンをやっていたのがでかいのですが…。

ちなみに、GoldはSilverに合格してからでないと受験できません。 詳しくはこちら

再受験無料キャンペーンについて

1月6日に思い立って、すぐ申込み。受験日を1月28日に設定しました。 その時点で残された時間はわずか3週間。

私が使用した参考書は

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Gold SE 8 (EXAMPRESS)

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Gold SE 8 (EXAMPRESS)

最初にその章の要点をまとめたページがあり、その後に問題があるタイプ。 JavaGoldの出題範囲について全然知らないよ。という人ならありがたいかもしれない。 実際私もその一人でした。 しかし、そのあとの問題に対しての解説はイマイチ。わからない問題に対しては、 前のまとめたページに戻って確認して、「多分こういうことだろう」と納得させるのみだった。

徹底攻略 Java SE 8 Gold 問題集[1Z0-809]対応

徹底攻略 Java SE 8 Gold 問題集[1Z0-809]対応

一方、黒本では、紫本のような要点がまとめてあるページは一切なく、いきなり問題が並ぶ。 JavaGoldの範囲について全然知らない場合は少し戸惑う。 問題の解説が非常に充実しており、解説を読み込めば理解できる。

この2冊の使い方としては、紫本で一通りの知識を入れた所で、黒本の演習を解いていくのがいいのかなと思いました。

受験まで、3週間どのように勉強したかというと、 ひたすら解く、回す。という感じで勉強を進めていきました。 Silverの時は本当に問題を覚えてしまうぐらいやったところ、余裕で受かることが出来た印象だったので、 Goldも通用するかなと思いきや、

ダメでした…

結果は合格ライン65%のところ、63%という微妙なラインでの敗退。

敗因としては、問題をこなすことに集中していたばっかりに、その問題での答えはわかっても、 少し形式を変えて出されたりするとわからなくなってしまっていたということです。

まあ、詰め込み型学習すぎて、応用力が皆無であったということでしょうか笑

まあ、でも反対にいうと、そんな勉強方法でも、63%くらいは取れるということでもあります。 それプラス、応用力を身につければ、余裕を持った合格が目指せるのでは?

再受験無料キャンペーンの期限が7月15日ということもあり、あと約2ヶ月程で合格にもっていかなければいけません。

問題の答えを覚えるから脱出して、意味を理解し、Gold取得したいと思います。

よし、6月17日受験目標として頑張ろう…!